Movie

【ネタバレあり】映画「新聞記者」を観た感想 ー 信じるべきものは何かを教えてくれた良作 ー

アイキャッチ

映画「新聞記者」ってどんな映画なの?

実際に映画を観た人の感想を知りたい

こういった疑問にお答えしていきます。

映画「新聞記者」は、2019年6月28日に公開された日本映画です。

現代の日本を舞台に、新聞記者と官僚が隠された真実に迫る社会派サスペンス映画です。

日本のマスコミが抱える問題やマスメディアのあり方を扱った本作は、日本アカデミー賞の優秀作品賞などにも選出されています。

今回は、「新聞記者」のあらすじや映画の内容、実際に観た感想をまとめていきます。

記事の後半では、作品のネタバレとなる部分について触れています。

まだ映画を観ていないという方は、前半のあらすじ部分を読んでページを閉じることをおすすめします。

「新聞記者」の概要

あらすじ

東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、大学新設計画にまつわる極秘情報の匿名FAXを受け取り、調査を始める。日本人の父と韓国人の母を持ち、アメリカで育った吉岡はある思いから日本の新聞社に在職していた。かたや内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は、国民に尽くすという信念と、現実の任務の間で葛藤する。

引用元:シネマトゥデイ

この映画の見どころ

この映画を観るうえで注目するべきポイントを3つ紹介していきます。

内調(内閣情報調査室)

本作の主人公の1人、杉原拓海(松坂桃李)が所属する内閣情報調査室(通称:内調)は、知らない人がほとんどだと思うので、あらかじめ解説しておきます。

内閣情報調査室とは

内閣情報調査室は、「内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務(各行政機関の行う情報の収集及び分析その他の調査であつて内閣の重要政策に係るものの連絡調整に関する事務を含む。)をつかさどる」組織である。

分かりやすく説明すると、「日本版CIA」のような感じです。

作品の中では、マスコミの報道から政府を守るために、情報操作を行ったり、世論を動かすなど暗躍する様子が描かれています。

新聞記者・吉岡を演じたシム・ウンギョン

本作でW主演の一角をつとめたのは、韓国人女優のシム・ウンギョンさんです。

日本映画に出演するのは本作が初めてだということですが、韓国では多くの人気作品に出演しており、実力のある女優さんです。

自分の身に迫る危険を顧みず、真実を追い求める新聞記者の演技が高く評価され、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を受賞しています。

アメリカで活動していたジャーナリストの娘という役所もかなり重要となっています。

上司の自殺により物語が大きく動き出す

物語の途中、杉原が外務省に配属されていたときの上司であった、神崎(高橋和也)がビルから飛び降り自殺をします。

杉原は、神崎が内調からマークされていたことを知り、彼が何か大きな秘密を抱えていたのではないかと調査を始めます。

同じく、何者かによってリークされた極秘情報の取材を始めていた吉岡は、神崎が関係していたという事実にたどり着きます。

ここから物語は大きく展開していき、国を揺るがす重大な事実が明らかとなっていきます。

配信サービスを利用して、映画「新聞記者」を無料で観る

配信サービスを利用すれば、「新聞記者」を無料で視聴することも可能です。

最新の映画やドラマをお得に視聴するなら、国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです。

31日間無料でU-NEXTを体験する

>【本当にお得?】U-NEXTの月額料金を徹底解説!

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、無料で最新の映画を視聴することができます。

無料トライアル中に解約すれば料金は発生しないので、まずは登録して利用してみることをおすすめします。

>【スマホからでOK】U-NEXTの解約・退会方法を解説

「新聞記者」の感想

ここからは、実際に映画「新聞記者」を観た感想をまとめていきます。

ここから先は、作品のネタバレを含む内容となっています。

作品を観てから、この先の感想を読むことをおすすめします。


次のページへ >

-Movie
-,

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.