Movie

【新作レビュー】映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

アイキャッチ

こんにちは、えむだぎあです。

さて、夏も終わりを迎えようとしていますが、つい先日に公開されたばかりの映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観てきました。

この映画はクエンティン・タランティーノ監督の9作目、ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオの初めての共演作ということで、日本でも公開前からかなり注目をされていた作品です。

今回は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじや見所の紹介に加え、鑑賞レビューをまとめていきます。

公開されたばかりの映画でまだ観ていない方も多いと思うのでネタバレは一切せずに、これから観に行く人がより一層この映画を楽しめるようにしています。

あらすじと概要

あらすじと概要

あらすじ

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)はピークを過ぎたTV俳優。映画スターへの道がなかなか拓けず焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らし情緒不安定なリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。この二人の関係は、ビジネスでもプライベートでもまさにパーフェクト。しかし、時代は徐々に彼らを必要としなくなっていった。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ボランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。落ちぶれつつある二人とは対照的な輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演をする決意をするが — 。
そして、1969年8月9日 — それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。(公式HPより抜粋)

製作陣

キャスト

  • レオナルド・ディカプリオ
  • ブラッド・ピット
  • マーゴット・ロビー
  • カート・ラッセル
  • ダコタ・ファニング
  • アル・パチーノ

監督・脚本

  • クエンティン・タランティーノ

この映画の舞台は1960年代後半のハリウッド。時代に取り残されたTV俳優とその付き人であるスタントマンの2人を中心に、当時の映画業界を襲った実際の事件を絡ませつつ細かく再現した世界観となっています。

1960年代のハリウッドを舞台にした本作を楽しむためには、

  • ①TVから映画へのシフト
  • ②ヒッピー文化の流行

という2つのトピックについて軽く目を通しておくことをおすすめします。

また、シャロン・テート事件という当時起こった事件も、本作において重要なトピックとなっているため、事前に概要を押さえておくことをおすすめします。

※シャロン・テート事件については、かなりネタバレに近いような情報が含まれているため、事前に概要を入れておかないというのも全然ありです。

本作の見所とレビュー

本作の見所とレビュー

さて、これからは本作の見所について、なるべくネタバレを回避しながら紹介をしていきます。

1960年代ハリウッドの世界観

まず注目するべきところは、忠実に再現された1960年代のハリウッドの世界観です。

タランティーノ監督自身もかなり愛着があるとのことで、当時の雰囲気が忠実に再現されています。

監督の映画に対する愛が溢れまくっていて、いたるところに当時の映画ネタが盛り込まれていて、それはもう詳しい人ですら見逃してしまうんじゃないかなという情報量です。

また、当時のTVドラマや映画が再現されているシーンは「どうやってこのシーンを撮っているんだろう」といったように、あまり映画に詳しくない人でもその新鮮さを楽しむことができます。

なので、映画ファンの方はもちろんそこまで詳しくない人でもリアルな世界観に浸ることができます。

例えば、リック(レオナルド・ディカプリオ)が出演した映画で、リックが火炎放射器で敵をなぎ払うシーンがあるのですが、「これ本当に燃やしてるの?」「スタントマンの人は大丈夫?」ってなります。

映画ファンの人にとってはあるあるネタに見えて、あまり知らない人にとっては刺激的なシーンに見えるといった、違った楽しみがあるのも魅力ですね。

2大キャストの初共演

これは言わずもがなですね。正直タランティーノ作品は観たことないけど、この2人が初共演だから観に行こうっていうミーハーな理由で映画館に行ってもいいくらいです。

そんな2人が演じるのは時代に取り残されたTV俳優とスタントマン。現実世界では常に時代の先端を走る2人が、映画の中では生活に苦しみながら葛藤をしているという構図もいいですね。

かつての栄光にすがりながら、不甲斐ない自分に感情むき出しになるリック(レオナルド・ディカプリオ)を、苦しい状況にいながらも自分を見失わないクリフ(ブラッド・ピット)が支えるというバディムービーとしての面白さもあります。

この2人が同じ作品に出るなんてことがこの先あるか分からないので、それだけでも観る価値がある映画だと思います。

タランティーノ節炸裂のラスト13分

これはもうタランティーノ作品のファンにとっては待ってましたというシーンです。

上映時間が160分超えの長丁場で、序盤の方はタランティーノ要素が物足りないなと感じていたのですが、ラスト13分で一気にやってきましたね。

タランティーノ監督の1960年代後半のハリウッドへの愛を全面に出しつつ、自分のやり方でその愛をエンタメに昇華。

畳みかけるようにやってくるタラちゃん節に劇場では笑いが起こっていました。

当時はただの映画好きだった少年が映画監督になって、自分が大好きだった世界への愛や願いをこめた作品に感動させられました。

最後に

ここまで『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじや見所について語ってきました。

監督の愛する1960年代のハリウッドの世界観、2大キャストの共演、映画史を塗り替える衝撃のラスト。

最初から最後まで笑って泣いて楽しめる映画となっているので、ぜひ映画館に足を運んでスクリーンで観てもらいたいなと思います。

個人的には下半期に観た映画の中でベストです

夏は終わってしまいますが、映画業界はまだまだ熱いので今後も目が離せませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回の投稿でお会いしましょう。


-Movie
-, , ,

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.