Movie

2019年10月公開のおすすめ映画【超絶アクションと重厚なヒューマンドラマ】

アイキャッチ

[chat face="nayamu_boy2.png" name="映画を観に行きたい人" align="left" border="gray" bg="none"] 「2019年10月公開のおすすめ映画を知りたい」 [/chat]

このような疑問にお答えしていきます。

夏が終わり秋が深まる10月には、大人気アクション映画の最新作や海外の賞レースで受賞歴のある作品まで、注目のラインナップとなっています。

この記事を書いている私は、年間150本の映画を観るほど映画が大好きで、日頃から情報収集をして映画を楽しんでいます。
みなさんもこの記事を読むことで10月に公開される映画の中から観たい映画を見つけられます

公開日や前売り券の情報を押さえて、楽しい映画ライフを過ごしましょう!

10月公開の映画一覧(公開日順)

10月4日(金)

  • HiGH&LOW THE WORST
  • ダウト~嘘つきオトコは誰?~
  • ヒキタさん! ご懐妊ですよ
  • 典座 -TENZO-
  • 蜜蜂と遠雷
  • ジョン・ウィック:パラベラム
  • ナショナル・シアター・ライブ2019「みんな我が子」
  • 牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-
  • 毒戦 BELIEVER
  • エンテベ空港の7日間
  • ジョーカー
  • ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!
  • 東京ワイン会ピープル
  • LET IT BE -君が君らしくあるように-
  • 先生から
  • 下忍 赤い影
  • “樹木希林”を生きる

10月5日(土)

  • BLACKFOX
  • ホームステイ ボクと僕の100日間
  • 向こうの家
  • 青のハスより

10月9日(水)

  • メタリカ&サンフランシスコ交響楽団:S&M2

10月11日(金)

  • 真実
  • WALKING MAN
  • ブルーアワーにぶっ飛ばす
  • イエスタデイ
  • 最高の人生の見つけ方
  • ボーダー 二つの世界
  • 空の青さを知る人よ
  • 英雄は嘘がお好き
  • クロール ―凶暴領域―
  • 第三夫人と髪飾り
  • アップグレード
  • パペット・マスター
  • WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス
  • 15ミニッツ・ウォー
  • 東京アディオス
  • トスカーナの幸せレシピ
  • ガールズ&パンツァー 最終章 4D上映 ~第1話+第2話~

10月12日(土)

  • いつかのふたり
  • 天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~

10月18日(金)

  • 駅までの道をおしえて
  • 楽園
  • 世界から希望が消えたなら。
  • 解放区
  • フッド:ザ・ビギニング
  • スペシャルアクターズ
  • ガリーボーイ
  • マレフィセント2
  • 42ndストリート

10月19日(土)

  • 映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて
  • アダムズ・アップル
  • ドリーミング村上春樹
  • 愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1

10月25日(金)

  • 108~海馬五郎の復讐と冒険~
  • 銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章
  • 桃源郷ラビリンス~生々流転~
  • 超・少年探偵団NEO -Beginning-
  • 夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風
  • ザ・レセプショニスト
  • T-34 レジェンド・オブ・ウォー
  • ジェミニマン
  • くらやみ祭の小川さん
  • キミだけにモテたいんだ。
  • Thunderbolt Fantasy 西幽げん歌
  • 死体語り
  • ザ・ゴーレム
  • ロボット2.0
  • 風水師 王の運命を決めた男
  • ロイヤルコーギー レックスの大冒険
  • ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝

10月26日(土)

  • 冴えない彼女の育てかた Fine
  • この星は、私の星じゃない
  • 一粒の麦 荻野吟子の生涯

10月のおすすめ映画をピックアップ

ここからは10月に公開される映画の中から、僕が個人的に選ぶおすすめ作品を10作ピックアップして紹介していきます。

蜜蜂と遠雷(10月4日公開)

恩田陸の小説「蜜蜂と遠雷」の実写化作品です。原作は史上初となる直木賞・本屋大賞を受賞した作品で、累計発行部数134万部を超えた大ヒット作です。

メインキャストには、数々の話題作に出演して実績を残した松岡茉優と松坂桃李、そして期待の新人俳優の森崎ウィン、鈴鹿央士の4人がつとめます。

映像化は不可能といわれた圧倒的な音楽描写をどのように表現するのか注目ですね。

ジョン・ウィック:パラベラム(10月4日公開)

伝説の殺し屋の復讐劇を描いた大人気アクションシリーズ「ジョン・ウィック」の最新作です。
裏社会の掟を破り、全世界の殺し屋から命を狙われることになったジョン・ウィックの最後の戦いに注目です。

馬に乗りながらの戦闘シーンや戦いを禁じられたコンチネンタルホテル内での戦闘から目が離せません。

ジョーカー(10月4日公開)

DCヒーローのバットマンの宿敵であるジョーカーの誕生に迫る作品です。
情報解禁される前から世界中の映画ファンに期待されていたこともあり、日本でも注目が集まっています。

先日開催された第76回ベネチア国際映画祭では、最高賞にあたる金獅子賞を受賞したことで、期待通りの傑作であることが証明されましたね。

アカデミー賞にもノミネートされる可能性も浮上しているとのことで、見逃せない1本となりそうです。

真実(10月11日公開)

「万引き家族」でカンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞、アカデミー賞外国映画賞ノミネート、日本アカデミー賞作品賞と国内外から注目を集めた是枝裕和監督の最新作です。

国民的大女優を取り巻く「嘘」と「真実」の物語が描かれています。

イエスタデイ(10月11日公開)

突然、自分以外の人間が「ビートルズ」を知らない世界になってしまい、売れないミュージシャンだった主人公が「ビートルズ」の曲を歌い、有名なアーティストになっていく物語です。

昨年はクイーンを題材にした「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしたこともあり、本作も注目されるのではないかと予想しています。

劇中にはエド・シーランも登場しており、リアルなエンタテイメント・ムービーに期待が高まります。

アップグレード(10月11日公開)

舞台は近未来。平穏な生活を送っていた主人公のグレイは、謎の組織によって妻を殺されてしまい、全身麻痺の重症を負ってしまいます。
そんなグレイに対して巨大企業から身体にAIチップを埋め込み、全身麻痺を治療する手術が提案されます。

全身麻痺を克服し、超人的な力を手に入れたグレイは妻を殺した組織に復讐をするために動き出します。

AI×アクションという新時代のアクションシーンに注目です。

楽園(10月18日公開)

「悪人」 「怒り」の吉田修一の原作「犯罪小説集」の実写映画です。地方都市で起きた2つの事件に翻弄される人々の姿を描いたヒューマンドラマとなっています。

メインキャストには綾野剛、杉咲花、佐藤浩市を迎え、追い詰められながら“楽園”を求めた者たちの運命が描かれます。

上白石萌音と野田洋次郎がコラボした楽曲にも注目です。

フッド:ザ・ビギニング(10月18日公開)

表の顔は世渡り上手な領主、裏の顔は弓を操り正義を貫く盗賊という2つの顔を持ったヒーロー「ロビン・フッド」の誕生を描くアクション映画です。

主演は「キングスマン」のタロン・エガートンで製作にはレオナルド・ディカプリオが携わっている豪華な顔ぶれに注目です。

マレフィセント2(10月18日公開)

https://www.youtube.com/watch?v=4AMsbLTvhp4

「眠れる森の美女」から誕生したディズニーのヴィラン・マレフィセント。
オーロラ姫と出会い、真実の愛に目覚めた彼女に新たな敵が迫ってきます。

主演は引き続きアンジェリーナ・ジョリーで、彼女はディズニー・マーベルの最新作にも出演することが決まっているので今後の活躍にも期待できますね。

ジェミニマン(10月25日公開)

伝説的暗殺者を狙う者の正体は“自分自身”だった —

ウィル・スミスが主演のSFアクション映画となっています。
最強の暗殺者を狙う者の正体はクローンだった、という斬新な切り口で物語が展開していきます。

命を狙われる暗殺者と、命を狙うクローンの両者を演じるウィル・スミスの演技にも注目です。

まとめ

以上で、10月に公開されるおすすめ映画の紹介を終わりにします。
秋になり過ごしやすい天気になったので、これを機に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

このブログでは、最新作のレビュー記事も更新していくのであわせてチェックをお願いします。


-Movie

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.