Blog Writing

【実績あり】映画ブログの書き方・収益化の方法

アイキャッチ

「映画をテーマにしたブログを運営したい」

「映画ブログを運営していて、アクセスを増やしたいし収益化もしたい」

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事を書いている僕は、2019年9月から映画がメインの雑記ブログを運営しています。

現在、ブログを開設してから5ヶ月が経過していて、毎月4ケタの収益が発生しています。

この記事の内容

・映画ブログの運営方法

・映画ブログはアドセンス広告・アフィリエイトで収益化

・【タイプ別】映画ブログの書き方

半年近く映画ブログを運営している経験から、映画ブログの書き方・収益化のコツを解説していきます。

この記事を読めば、映画ブログで収益化をするイメージをつかむことができます。

それに、ここで紹介するノウハウは、アニメ・漫画・小説などにも応用が可能です。

幅広いジャンルに活かせる情報をお伝えしていきます。

それでは始めていきましょう。

映画ブログの運営方法

映画ブログの運営方法

映画ブログの運営方法は、大きく分けて2つあります。

・レビュータイプ

・アフィリタイプ

それぞれタイプによって収益化の方法や記事の内容が変わってきます。

以下で詳しく解説していきます。

トレンドに強いレビュータイプ

レビュータイプは、新作映画の感想・考察を中心に記事を書いていく運営方法です。

ブログにアクセスを集め、広告収入を発生させる収益化構造となっています。

レビュータイプは、トレンドに乗りやすく、記事数が少ない段階でも多くのアクセスを集めることができます。

テレビで放送される映画もトレンドになることが多く、アクセスアップを狙いやすいのが特徴です。

記事を書く際も、セールスライティングなど意識する必要がないので、サイト運営の知識が少なくても安心です。

レビュータイプの強み

・トレンドに乗りやすい

・セールスライティングなどの知識はあまり必要ない

一方で、読者に記事を読んでもらうために独自性のある文章や、トレンドに乗る瞬発力が必要となります。

さらに、ある程度の収益を得るためには、多くのアクセスを集めなければいけません。

レビュータイプの弱み

・独自性のある文章とトレンドに乗る瞬発力が必要

・まとまった収益を得るには多くのアクセスを集めなければいけない

収益に特化したアフィリタイプ

アフィリタイプは、映画のあらすじ・感想をまとめた記事を通して、VODサービスを売っていく運営方法です。

記事にVODサービスのアフィリエイト広告を貼り、そこから会員登録してもらうことで収益が発生します。

VODサービスとは、ビデオ・オン・デマンドの略で、公開済みの映画やドラマなどを視聴できるサービスです。

例:Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXT

アフィリタイプは、広告の単価・承認率が高く、収益効率が非常に良いことが特徴です。

正しい方法で運営していけば、初心者でも簡単に収益を上げることができます。

記事を書く際は、映画の情報・商品の説明を分かりやすくまとめることが重要となるので、レビュータイプのように独自性のある文章は必要ありません。

アフィリタイプの強み

・収益効率が良く、ブログ初心者にもおすすめ

・個性的なレビュー・考察は必要ない

ですが、アフィリタイプで収益を発生させるためには、Googleで検索上位に表示させるためのSEOに関する知識が必要です。

加えて、記事の中で商品を売るためのセールスライティングという手法を学ばなければいけません。

なので、ブログ初心者がいきなり始めてもすぐに収益は発生しません

自分で必要な知識を勉強しながら記事を書いていく努力が大切です。

アフィリタイプの弱み

・SEOやセールスライティングの知識が必要

・記事を書きながら知識を身につけなければいけない

映画ブログはアドセンス広告・アフィリエイトで収益化

映画ブログはアドセンス広告・アフィリエイトで収益化

映画ブログの収益化の方法は2つあります。

・アドセンス収益

・アフィリエイト収益

アドセンス収益とは、Google AdSenseの広告をブログに掲載することで、広告が表示・クリックされる度に収益が発生する仕組みです。

アフィリエイト収益とは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)が提供している広告を掲載し、その広告から実際に商品が売れることで収益が発生する仕組みです。

アクセスを集めてアドセンス収益を生む

アドセンス収益を発生させるためには、ブログにアクセスを集めることが必要となります。

収益の相場は、「広告1クリックにつき30円ほど」です。

1回クリックされるためには、およそ100PVが必要となります。

具体的な数字にするとこのようになります。

月間PV収益
1,000PV300円
3,000PV900円
10,000PV3,000円
30,000PV9,000円
50,000PV15,000円

月に10,000円の収益を発生させるなら、30,000PV以上が必要となります。

1日あたり1,000PVを集めなければいけません。

大量のアクセスを集めるには、トレンドに乗りやすいレビュータイプがおすすめです。

新作映画は公開から1ヶ月程度はトレンドが継続するので、その間にアクセスを集めることができます。

また、テレビで放送される映画もトレンドになりやすいので、波に乗る機会が多くあるのもいいですね。

SEOを攻略してVODアフィリエイトで収益を生む

アフィリエイト収益を発生させるためには、ブログ記事の中で商品を売らなければいけません。

映画ブログと相性のいいアフィリエイト商品はVODサービスです。

動画やドラマを観ることができるVODサービスは、単価・承認率も高いので非常におすすめです。

VODサービスのアフィリエイト広告は、1件あたり1,000円となっています。

つまり、月に10,000円の収益を発生させるには、10人に対してVODサービスを売ればいいわけです。

ここで、アフィリエイトの収入を計算する公式を紹介します。

アクセス数(PV)× クリック率 (CTR)× 成約率(CVR)× 報酬単価 = アフィリエイト収入

今回は、1件あたりの報酬が1,000円のVODサービスを売ると仮定して、公式に数字を当てはめていきます。

①アクセス数:1,000PV

②クリック率:5%

③成約率:10%

④報酬単価:1,000円

1,000PV × 5% × 10% × 1,000円 = 5,000円

となります。

※クリック率・成約率は変動するので、あくまで目安となる数値となります。

月に10,000円の収益を発生させるには、だいたい2,000PV以上が必要だということが分かりますね。

おすすめのASPはこちら

アクセストレード

バリューコマース

【タイプ別】映画ブログの書き方

【タイプ別】映画ブログの書き方

こちらでは、タイプ別の映画ブログの書き方を紹介していきます。

レビュータイプとアフィリタイプでは、記事の書き方が変わってくるので、違いを理解しておきましょう。

また、こちらで紹介する記事の型は、あくまで参考程度にしてもらえると助かります。

自分なりにアレンジして、ブログの中に落とし込んでください。

レビュータイプは独自の切り口で書く

レビュータイプのブログ記事で重要となるのは、独自の切り口で映画の感想をまとめることです。

なぜなら、レビュータイプはアクセスを集めることが収益化のカギとなるからです。

独自性のあるレビュー記事を書くことで、読者をファンにすることができ、安定したアクセスを確保することができます。

あなたの感性に共感してくれる読者を増やすために、独自性のある記事は必要不可欠です。

どこかのレビューサイトやキュレーションサイトで読んだような感想だと、読者はつまらないと感じてしまいますよね。

どこのサイトにも書かれていない、あなたしか書けないレビューを記事にしていきましょう。

自分が感じたことをそのまま書く

とはいえ、「独自性のある記事を書くのは難しい」と感じる人もいるはずです。

ですが、解決策はいたってシンプルです。

自分が感じたことをそのまま書く

シンプルすぎますね。ですが、しっかりとした理由があります。

読者が求めているのは、実際に映画を観た人の等身大の感想だからです。

読者は、自分が気になっている映画が当たりかはずれかを判断するために、他人のレビューを読みます。

こういったニーズを満たすためには、映画情報サイトが出している情報ではなく、実際に映画を観たユーザーのレビューが刺さります。

また、個人ブログは大手サイトでは書けないようなことも書けてしまうのが強みです。

企業が運営するサイトは、プロモーションの関係などもあって、なかなか思ったことを書けない状況です。

個人ブログは、そういった世間体を気にせずに思ったことを書けます。

自分が感じたことをそのままレビューにすることで、他のサイトにはない魅力があなたのブログに生まれます

映画のシーンや設定から理由づけをしていく

自分が感じたことをそのまま書いていいからといって、何を言ってもいいわけではありません。

しっかりと自分の意見に理由づけをすることが必要です。

自分の主張に対する理由づけは、映画のシーンや設定、登場人物の言動などを用いるようにしましょう。

例えば、「主人公の〇〇とヒロインの△△は、徐々に惹かれあっていったのではないか」という主張をしたとします。

これに対して、「物語が進むにつれて、2人を映したシーンは徐々にアップになっていく」と、映画の中のシーンを引用して理由づけをしていきます。

カメラが2人に近づいていく=2人の心的距離が近づいていると解釈をすることで、映画のシーンを用いて理由づけすることができました。

理由づけに役立つ映画のポイント

・構図
・カメラワーク
・編集
・演出
・セリフ
・セット、衣装
・音楽
・歴史的背景

レビュータイプの記事構成

<H2見出し>映画の概要

<H3見出し>あらすじ

<H3見出し>キャスト

<H2見出し>映画のネタバレ感想

<H3見出し>主張①(H4見出しで理由づけを書く)

<H3見出し>主張②

<H3見出し>主張③

<H2見出し>まとめ

アフィリタイプは情報を分かりやすく書く

アフィリタイプのブログ記事で重要となるのは、情報を分かりやすく整理して書くことです。

レビュータイプのように独自性の高い感想は必要ありません。

なぜなら、アフィリタイプのブログ記事に訪れる読者のニーズは、「映画を観るのに最適なサービスを知りたい」だからです。

読者は、「映画名 動画」や「映画名 配信」などのキーワードで検索をして記事に訪れます。

なので、記事の中に書くべきことは、その映画を観ることができるサービスの情報です。

紹介する商品は2つまで

注意する点としては、商品を紹介しすぎないということです。

紹介する商品は2つまで絞り、事前にその映画が配信されているかどうかもチェックしておきましょう。

なぜ2つまでに絞るかというと、選択肢が多すぎると読者が困惑してしまうからです。

なので、本当におすすめできるサービスを2つ紹介するようにしましょう。

そして、商品ページのアフィリエイトリンクに加え、それぞれの商品の特徴をまとめた記事のページへのリンクも貼り付けておきましょう。

例えば、〇〇というサービスのアフィリエイトリンクの下に、「〇〇の評判は?料金やメリットをまとめてみた」といった記事のリンクを用意しましょう。

こうすることで、購入を検討している読者を商品紹介のページに誘導でき、成約率が上がっていきます。

最低限の映画情報をまとめる

VODサービスの紹介に加え、映画の一般的な情報をまとめるようにしましょう。

記事の中身がVODサービスの紹介ばかりをしている内容だったら、「映画名 配信」などのキーワードで上位表示させることは難しいです。

映画のあらすじ・キャストくらいはまとめておいておくと、読者にとって親切な記事となります。

加えて、シリーズものの映画だったら、過去作品が配信されているかどうかまとめておくのもおすすめです。
※記事内で紹介しているVODサービスで、その映画の過去作品がまとめて配信されている場合など

アフィリタイプの記事構成

<H2見出し>映画のあらすじ

<H2見出し>VODサービス紹介

<H3見出し>紹介①(アフィリエイトリンクを貼る)

<H3見出し>紹介②

<H2見出し>映画の概要

<H3見出し>キャスト・スタッフ

<H3見出し>映画の評判・口コミ

<H3見出し>こんな人におすすめ(アフィリエイトリンクを貼る)

<H2見出し>まとめ

最後に

今回は、映画ブログの運営方法を2つ紹介していきました。

・レビュータイプ:アクセスを集めてアドセンスで収益化

・アフィリタイプ:読者のニーズを満たしてアフィリエイトで収益化

どちらのタイプが自分に合っているか考えて、試行錯誤を繰り返しながら挑戦してみてください。

なお、今回紹介した方法は、アニメ・ドラマ・マンガなどにも応用することが可能です。

幅広いジャンルに挑戦して、収益源を分散させるのもいいですね。

今回は以上です。


-Blog, Writing
-,

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.