Blog

ブログで大学生が稼ぐ方法【おすすめのジャンルは3つ】

アイキャッチ

大学生

ブログって大学生でも稼ぐことができるの?大学生がブログで稼ぐにどうしたらいいの?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容
  • ブログでお金を稼ぐ仕組み
  • 大学生がブログで稼ぐおすすめの方法
  • 結論:まずは好きなことから書き始めよう

大学生でもブログで稼ぐことは可能です。

ブログはパソコンがあれば誰でも簡単に始められることから、サラリーマンが取り組む副業として注目を集めています。

この記事を読んでいる方の中には、「ブログって稼げるらしいよ」といった話を聞いたことがあるはずです。

結論を言うと、大学生がブログでお金を稼ぐことは可能です。

この記事を書いている僕は大学生ブロガーです。

僕は、ブログ2ヶ月目で収益4ケタを達成することができました。

この記事では、ブログでお金を稼ぐ仕組みや、大学生がブログでお金を稼ぐおすすめの方法を紹介していきます。

記事を読むことで、ブログからお金が生まれる仕組みや、大学生でもお金を稼げるブログの運営方法を知ることができます。

記事を読んだら早速ブログを始めてみるのもありですよ。

それではいきましょう。

ブログでお金を稼ぐ仕組み

ブログでお金を稼ぐ仕組み

ブログでは、広告収入によってお金を稼ぐことができます。

企業が出している広告を、自分のブログに掲載することで、広告収入を得ることができる仕組みです。

ブログに掲載する広告は2種類あります。

Google AdSense

アフィリエイト広告

それぞれお金が発生するタイミングが異なるので、違いを理解しておきましょう。

Google AdSenseで稼ぐ

Google AdSense(グーグル アドセンス)とは、Googleが提供しているインターネット広告です。

この記事にも、冒頭部分やサイドバー付近、ページ下部にGoogle AdSenseの広告を掲載しています。

この広告には、ブログやサイトに合った広告が自動的に選択されて掲載されています

例えば、ゲームの攻略サイトであれば、スマホゲームの広告が掲載されることになります。

Google AdSenseの広告は、クリックされるとお金が発生する仕組みとなっています。

1クリックで20~30円ほどのお金が発生します。

なので、多くの収益を生み出すためには、たくさんの人をブログに集めることが必要になってきます。

アクセスを集めるには、SEOと呼ばれるWebマーケティングスキルや、SNSでの拡散力が必要となるので、この辺りの知識は押さえておきましょう。

アフィリエイト広告で稼ぐ

アフィリエイトとは「成果報酬型広告」と呼ばれるインターネット広告です。

企業が売りたい商品やサービスなどを、アフィリエイト広告として出稿します。

ブログの運営者は自分が売りたい商品を探して、自分のブログにその広告を掲載します。

そのブログを読んだ読者が、広告をクリックして、実際に商品を購入するorサービスに登録することでお金が発生する仕組みです。

Google AdSenseと違って、実際に購入・登録してもらう必要があるので難易度が上がります。

ですが、アフィリエイト広告は1つの商品が売れると、1,000~10,000円の収益が発生するので、コツをつかめば多くの収益を生み出すことができます。

アフィリエイト広告でお金を稼ぐためには、先述したSEOのスキルとSNSでの拡散力に加え、商品の購入を促すWebライティングのスキルが必要です。

Webライティングを学べるおすすめの書籍を紹介するので気になった方はどうぞ。

大学生がブログで稼ぐおすすめの方法

では、大学生がブログで稼ぐにはどういった方法がおすすめなんでしょうか。

ブログで稼ぎやすいジャンルとして、クレジットカードや転職サイトが挙げられます。

なぜなら、これらのアフィリエイト広告は単価が高かったり、ニーズが多いジャンルだからです。

ですが、大学生がクレジットカードを紹介したり、転職サイトを紹介しても説得力に欠けるので売れませんよね

なので、単価は低くても、大学生がブログで稼ぐのにおすすめのジャンルを3つ紹介していきます。

大学生におすすめのジャンルを紹介

大学生におすすめのブログのジャンルを紹介していきます。

大学生におすすめのジャンル

書評

映画レビュー

英語学習

この3つは、大学生でも稼ぎやすいジャンルなので、ブログで稼ぐ感覚を身につけるための練習にもなります。

以下で詳しく解説していきます。

書評

書評は、本のあらすじや要約をまとめ、そこに自分なりの感想を書いていくジャンルです。

売る商品はもちろん本です。

Amazonアソシエイトという、Amazonの商品をアフィリエイト広告として掲載できるサービスがあるので、それを利用すればAmazonに売っている本の広告を掲載できます。

その記事から実際に本を購入してもらうと、本の価格から数パーセントの利益を得ることができます。

書評がおすすめの点は、①本の購入を迷っている人にニーズがあること②たくさんの本を読むので自分にとってプラスになることの2点です。

今ではAmazonで物を買う人がほとんどなので、記事を読んで「この本いいな」と思ってもらえたら、高い確率で購入してもらえます。

それに、記事を書くために本を読まないといけないので、自然と読書をする習慣がつくのは、大学生にとってプラスになるはずです。

映画レビュー

記事の内容としては書評とほぼ変わりません。

ただ、売れる商品としては、DVDやBlu-rayのほかに、VODと呼ばれる動画配信サービスがあります。

有名どころだとNetflixやHuluですかね。

VODはアフィリエイト広告が出ており、無料体験に申し込んでもらうだけで収益が発生するので、比較的稼ぎやすいジャンルです。

また、映画は公開直後、DVDリリース、テレビ公開といった順番でトレンドがやってくるので、記事を用意しておけば多くのアクセスを集められます。

ちなみに、僕自身もVODの広告を掲載して収益化しているので、参考までに記事を紹介しておきます。

英語学習

英語学習も大学生におすすめのジャンルです。

英語学習サービスはアフィリエイト広告が出ているので、サービスを紹介する記事を書いてそこから売っていきましょう。

また、書籍を紹介したり、留学支援サイトのアフィリエイト広告あたりも狙い目です。

とはいえ、これを読むと、「英語ができる人じゃないと紹介できないんじゃないの」と思う人もいますよね。

ですが、英語が得意でない人でも実践できるやり方はあります。

それは、「自分が勉強しながら、その過程を発信していく」という方法です。

「TOEIC450点から900点まで上げる」という目標を宣言して、その過程をブログで発信していくイメージです。

そうすれば、同じように英語が苦手な人が紹介したサービスに登録してくれたり、応援してくれるファンの人がアクセスを伸ばしてくれます。

実際に900点まで上げることができれば、説得力が高まってさらにサービスが売れますよね

それに、ブログで稼ぎながら英語力が向上したら割とおいしいですよね。

結論:まずは好きなことから書き始めよう

結論:まずは好きなことから書き始めよう

ここまで、おすすめの稼ぎ方を紹介してきましたが、結論を言うと、「好きなことから始めればOK」です。

なぜなら、好きなことであれば挫折はしないし、「好き」「専門性」に変わればそれがブログの強みになるからです。

好きなことを専門性に変えていく方法は以下の記事で解説しています。

まずは自分の好きなことでブログを書き始めて、そこからどんな商品が売れるのか考えていきましょう。

今回は以上です。


-Blog
-,

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.