Blog SEO

ブログのネタ切れをなくす方法【解決策はたった1つ】

アイキャッチ

「ブログ記事のネタが切れてしまった…」

「ブログのネタってどうやって考えるの?」

こういった疑問にお答えしていきます。

ブログを始めたばかりの人に多い悩みですが、結論として、ブログのネタがなくなることはありません

なぜなら、ブログのネタになるのは、読者の悩みや疑問だからです。

この記事を読むことで、ブログのネタ探しの方法が分かります。

また、記事の後半では、ブログのネタ切れをなくすツールをプレゼントします。

最後まで読んだ方は、ブログのネタに困らなくなり、すぐに記事を書けるようになるはずです。

それでは始めていきましょう。

ブログのネタにするべきこと

ブログのネタ切れを解決する前に、ブログのネタにするべきことを理解しておきましょう。

ブログのネタにするべきこと=「読者の疑問や悩み」です。

読者が知りたいと思っていること、悩んでいることをブログのネタにしましょう。

そうすることで、疑問や悩みを解決したい読者に読んでもらえる記事が完成します。

逆に、「この前、〇〇に行ってきました!」や、「今日の朝ごはんは〇〇です!」のような日記ブログは、読者の疑問や悩みを解決していないので読まれません。

なので、ブログのネタを探す際は、必ず、読者の疑問や悩みであるか考えましょう。

ブログのネタ切れを解決する前に知っておくべきこと

では、ここでブログのネタ切れを解決する前に知っておくべきことを2つ紹介します。

この2つを理解することで、「読者の疑問や悩み」をブログネタにするべき理由が分かります。

知っておくべきこと

1.検索エンジン

2.Googleの理念

検索エンジンを理解しよう

なぜ、検索エンジンを理解する必要があるかというと、多くの人が疑問や悩みを解決するために利用するものだからです。

検索エンジンの仕組みを理解することで、あなたが書いた記事が検索結果の上位に表示されます。

上位表示されるとブログへのアクセスがアップするので、「PVを増やしたい!」と思うなら、検索エンジンについて知っておくべきです。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンとは、インターネット上にあるあらゆる情報を「キーワード」を用いて検索するシステムのことです。

例えば、検索エンジンで「ブログ」と検索すると、インターネット上にある「ブログ」に関連した情報が表示されます。

このように、多くの人は疑問や悩みを「キーワード」にして、検索エンジンで検索をします。

検索エンジンは、「キーワード」に関連した情報を検索結果として、ユーザーに届けているのです。

Googleの理念

Googleの理念には、「ユーザーの利便性を第一に考えている」という文章があります。

Googleは、検索エンジンを利用するユーザーのことを第一に考え、ユーザーが欲しい情報を上位表示させています。

ここまで来ると、検索エンジンからユーザーを集める方法が見えてくるはずです。

ユーザーは、疑問や悩みを解決するために検索エンジンを利用します。

なので、「読者の悩みや疑問に対して、分かりやすく解決策を提示する情報・コンテンツ」が高く評価されることが分かります。

検索エンジンから評価されれば、上位に表示され、多くのアクセスを集めることが可能です。

【たった1つ】ブログのネタ切れを解決する方法

ここまで読んだ方なら、ブログのネタにするべきことが何か理解できたはずです。

繰り返しますが、ブログのネタ=「読者の疑問や悩み」です。

ここでは、どうやって「読者の疑問や悩み」を調査していくか解説していきます。

SEOキーワードを理解しよう

読者の悩みや疑問を調査していくには、「SEOキーワード」を理解するところから始めていきましょう。

SEOキーワードとは、読者が検索エンジンに打ち込むキーワードのことです。

例えば、ブログの書き方を知りたい人は、「ブログ 書き方」で検索をしますよね。

さらに、細かく検索する人は、「ブログ 書き方 初心者」や「ブログ 書き方 本」などで検索をします。

記事を書くみなさんは、これらのキーワードを意識することで、ブログのネタに困ることがなくなります。

そして、これらのキーワードで質の高い記事を書くことができれば、検索エンジンから評価されて上位表示されるようになります。

正しいブログネタの探し方

正しいブログネタの探し方は、SEOキーワードから探すことです。

ここでは、SEOキーワードのリサーチの仕方を3つ紹介します。

SEOキーワードの探し方はこちらの3つです。

①Googleサジェストから探す

②キーワードプランナーから探す

③関連キーワード取得ツールから探す

①Googleサジェストから探す

Googleの検索画面に記事のキーワードになりそうな単語を入力します。

今回は、「ブログ 書き方」を入力してみました。

Googleサジェスト

「ブログ 書き方 テンプレート」や「ブログ 書き方 本」などはブログネタになりそうですね。

②キーワードプランナーから探す

キーワードプランナーは、Googleが提供している広告サービスの機能です。

こちらでは、キーワードの候補を調べることができるほか、月にどのくらい検索されているかも数字で表示されます。

キーワードプランナー

こちらの画像は、「ブログ 書き方」のキーワード候補と検索ボリュームの結果です。

どのキーワードがどのくらい検索されているか一目で分かりますね。

・人によっては、100、1000、10000といったざっくりとした数字が表示されると思います。

・細かい数字を表示するには、お金を払って広告を出す必要があるので、気になった方は、「キーワードプランニング 有料」で検索してください。

③関連キーワード取得ツールから探す

こちらは、過去にGoogleで検索されたことのあるキーワードをすべて表示してくれるツールです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

「ブログ 書き方」で検索をすると、かなりの数が候補として表示されます。

関連キーワード取得ツールの結果

この中から、自分で書けそうなものを探していけばブログネタには困らないですよね。

ブログのネタがないとは言わせない

さて、ここまでブログのネタ切れを解決する方法を解説していきました。

最後に、僕がブログを書く際に使っているネタ帳を教えます。

https://twitter.com/km0442/status/1230026738421227520?s=20

こちらのキーワードマップは、「副業」と「ブログ」のキーワード候補をまとめたものです。

それぞれのキーワードごとに、検索ボリュームがついているので、検索されやすいキーワードが分かりやすくなっています。

こちらのキャンペーンに参加していただいた方には、無料で配布しているので、ブログネタに困っている人はぜひ参加してみてください。

SEOキーワードを理解して、ネタに困らないブログ運営をしていきましょう。

今回は以上です。


-Blog, SEO
-

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.