Blog Writing

ブログの書き方のテンプレートを紹介【誰でも書けるようになる】

アイキャッチ

「ブログの書き方がよくわからない」

「ブログはどこから書き始めたらいいの?」

「ブログの書き方にテンプレートはないの?」

こういった疑問にお答えしていきます。

いざブログを書こうと思っても、普段から文章を書いていないと、どうやってブログを書いたらいいかわからないですよね。

「アクセスを集めているブロガーは文章を書く才能があるんじゃないの?」と考えている方もいるのではないでしょうか?

ですが、ブログの文章に特別な才能は必要ありません。

正しい書き方を理解すれば、才能がなくても記事は書けます。

この記事の内容

  • ブログには3つのパートが存在する
  • ブログの書き方のテンプレート(導入文/本文/まとめ)

この記事では、ブログの書き方のテンプレートを紹介していきます。

テンプレートに沿って記事を書いていけば、正しいブログの書き方を身につけることができます。

ブログの書き方のテンプレートを理解して、アクセスアップを目指していきましょう。

ブログの書き方のテンプレートを紹介する前に

ブログの書き方のテンプレートを紹介する前に

ブログの書き方のテンプレートを紹介する前に、おさえてほしいポイントを2つ解説していきます。

ポイント

  • 記事の目的は読者の悩みを解決すること
  • 読者の悩みはキーワードから考える

ブログ記事は『読者の悩みを解決するために書くもの』ということを理解してください。

この記事で紹介する書き方のテンプレートも、読者の悩みを解決するためのものです。

日記のようなブログには応用できないので注意してくださいね。

読者の悩みはキーワードから逆算して考えましょう。

そのキーワードで検索をする意図を考えると、読者が抱えている悩みも見えてきますよ。

『キーワードを選ぶ』→『読者の悩みを想像』というステップを踏まないと、ニーズを満たさない記事が生まれてしまいます。

そんな記事は誰にも読まれないので、ブログの書き方のテンプレートを理解する前におさえておきましょう。

ブログには3つのパートがある

ブログには3つのパートがある

ブログ記事は3つのパートに分けられています。

記事の構成要素
  • 導入文
  • 本文
  • まとめ

記事の構成要素

  • 導入文
  • 本文
  • まとめ

皆さんのブログ記事はこれらの要素が含まれていますか?

それぞれのパートに役割が与えられており、各パートが機能することでいいブログ記事になります。

実際に、多くのアクセスを集めているサイトやブログの記事を見ると、3つのパートに分かれて構成されていることがわかります。

記事を書く際は常に3つのパートを意識して、それぞれの役割を満たすように書いていきましょう。

ブログの書き方テンプレート:導入文

ブログの書き方テンプレート:導入文

ブログ記事の3つのパートのうち、一番重要なのが『導入文』です。

導入文がしっかり書かれているかどうかで、あなたの記事が最後まで読んでもらえるかどうか決まります。

Webの文章はほとんど読まれないので、導入文を読んで読者が「この記事は有益じゃないな」と判断されたら、すぐにページを閉じられてしまいます。

読者のページ離脱を防ぐためには、導入分の役割を理解し、テンプレートに沿って書くことが非常に大切です。

導入文の役割

導入文の役割は読者の悩みを明確にして、その解決策を提示することです。

そして、記事を読んだら何を得られるのかを具体的にまとめておきましょう。

「最初に記事の内容をまとめたら、その後は読まれないんじゃないの?」と思うかもしれません。

ですが、導入文に記事の要約が書かれていないと、何についての記事なのかわからないですよね。

導入文は、ブログ記事の『顔』です。

導入文の役割

  • 読者の悩みを明確にする
  • 悩みに対して解決策を提示する
  • 記事の要約をまとめる

読者が記事に訪れて一番最初に目を通すところなので、導入文で読者を記事に引き込むことを意識しましょう。

導入文の書き方

こちらでは、導入文の書き方のテンプレートを紹介します。

導入文のテンプレート

  1. 読者の悩みを明確にする
  2. 悩みに対して解決策を示す
  3. 解決策の根拠を伝える
  4. 記事の要約をまとめる
  5. 記事を読むと何を得られるか伝える

導入文はこの流れを意識して書いていきましょう。

こちらに、テンプレートに沿って書いた例文を載せておきます。

例文

キーワード『ブログ アクセス 少ない』

  1. 「ブログを始めて1ヶ月経つけどアクセスが伸びない…」と悩んでいませんか?
  2. そんな方は、この記事で紹介する5つの方法を実践することでブログへのアクセスを増やせます。
  3. なぜなら、この記事を書いている僕も、この方法を実践してアクセスを3倍に増やせたからです。
  4. この記事では、ブログのアクセスが少ない理由と対処法を紹介していきます。
  5. 記事を読むことで、ブログのアクセスが少ない理由がわかり、どうすればアクセスを増やせるか考えられるようになります。

このような書き方であれば、導入文を読んだだけでどんなことが書かれている記事なのかわかりますよね。

読者が「これなら自分の悩みを解決できそうだな」と思えば、その先も読んでもらえるようになります。

上記のテンプレートを意識すれば、誰でも読者を引き込む導入文を書けるようになります。

ブログの書き方のテンプレート:本文

ブログの書き方のテンプレート:本文

本文は、ブログ記事の大部分を占めているパートです。

本文では、導入文で示した記事の内容を的確に伝えることが重要です。

商品購入などを促すまとめ部分への誘導も忘れずに意識しましょう。

導入文で読者を記事に引き込んだら、本文を経由してまとめまで誘導することが大切です。

こちらでは、本文の役割と書き方のテンプレートを紹介していきます。

本文の役割

本文の役割は、記事の内容を的確に伝えて、読者をまとめ部分に誘導することです。

導入文で示した記事の内容を網羅的にまとめつつ、読者を飽きさせずにまとめ部分まで誘導することが重要です。

そのため、記事の途中で「この文章読みづらいな」と思われないような努力が必要になります。

読みやすい・わかりやすい文章を書くコツは、【これでOK】ブログの書き方のコツ【7つのポイント】で詳しく解説しています。

本文の役割

  • 記事の内容を的確に伝える
  • 読者をまとめ部分に誘導する

本文の書き方

こちらでは、本文の書き方のテンプレートを紹介していきます。

本文のテンプレート

  1. 結論
  2. 根拠
  3. 具体例
  4. 再結論

本文では、上記の型に沿って文章を書いていきましょう。

結論を先に示すことで、読者が内容を理解しやすい文章になります。

こちらにテンプレートに沿った例文を載せておきます。

例文

  1. ブログのアクセスアップを目指すなら、キーワードを意識して記事を作成しましょう。
  2. なぜなら、多くの人にアクセスされるブログは『読者の悩み』を解決しており、読者の悩み=キーワードだからです。
  3. 実際に、このブログもキーワードを意識して記事を書いたことにより、アクセスを3倍に増やせました。
  4. ブログのアクセスを増やしたいなら、キーワードから記事を書くことをおすすめします。

このように、『結論→根拠→具体例→再結論』の流れで本文を書いていけば、記事の内容を的確に伝え、読者にまとめ部分まで読んでもらえる文章が完成します。

ブログの書き方のテンプレート:まとめ

ブログの書き方のテンプレート:まとめ

まとめは、記事の内容を簡潔にまとめ、読者に行動を促すパートになっています。

記事の内容を簡潔に伝え、読者に次の行動をしてもらうようにお願いするパートです。

読者の行動とは、関連記事にアクセスすることや商品を購入することです。

記事の内容を簡潔にまとめ、記事の内容を実践するとどんなメリットがあるか伝えましょう。

まとめの役割

まとめの役割は、記事の内容を簡潔にまとめ、読者に行動を促すことです。

記事の内容をまとめて読者の理解をサポートしつつ、記事の内容を実践するメリットを伝えて読者の行動を促します。

まとめの役割

  • 記事の内容を簡潔にまとめる
  • 読者に行動を促す

まとめの書き方

まとめを書く際に注意してほしいことは、文章を長くしすぎないことです。

まとめの文章が長すぎると、読者が途中で読むのをやめてしまい、行動を促す前にページから離れてしまいます。

記事の内容を箇条書きでスッキリまとめて、読者の行動につなげていきましょう。

まとめのテンプレート

  1. 記事の内容を箇条書きでまとめる
  2. 記事の内容を実践するとどんなメリットがあるか伝える
  3. CTA(アフィリエイトリンクor関連記事のリンク)を設置する

重要なのは記事の内容を実践するとどんなメリットがあるのかというところですね。

ここで、読者に対して明るい未来を見せることができたら、次の行動にもつなげやすくなります。

【まとめ】ブログの書き方のテンプレート

こちらでは、ブログの書き方のテンプレートについて紹介していきました。

まとめ

  • 導入文
    →記事に読者を引き込む
    →悩みを明確にして解決策を提示
  • 本文
    →記事の内容を的確に伝え、まとめ部分に読者を誘導
  • まとめ
    →記事の内容を簡潔にまとめ、読者に行動を促す

ブログの書き方がいまいちわからないという方でも、この記事で紹介したテンプレートに沿って書いていけば問題ありません。

こちらで紹介しているのは、誰でも実践できる内容なので、今日から行動に移していきましょう。

ブログの書き方の細かいコツを知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

【これでOK】ブログの書き方のコツ【7つのポイント】

今回は以上です。


-Blog, Writing
-,

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.