Blog Writing

【これでOK】ブログの書き方のコツ【7つのポイント】

アイキャッチ

「ブログを書くときのコツを知りたい」

「検索順位を上げるためにはどういった書き方をすればいいの?」

「ブログから商品を売るためのコツを教えてほしい」

こういった疑問にお答えしていきます。

実際にブログを書いている人なら共感できるお悩みですよね。

一生懸命書いた記事でも、なかなか読まれないとモチベーションが下がってしまいます。

この記事の内容

  • ブログの書き方のコツ【7つのポイント】
  • SEOを意識したブログの書き方
  • ブログで商品を売るためのコツ

記事を読むことで、ブログを書くときに意識した方がいいコツを知ることができます。

今日から実践すればあなたのブログの記事の質も上がっていきますよ。

この記事に書いてあるコツをうまく活用して、読まれるブログを目指していきましょう。

前提:Webの文章は読まれない

文章を書いている人
前提:Webの文章は読まれない

ブログの書き方のコツを教える前に、まずは前提として以下のことを理解しておきましょう。

Webの文章は読まれない

残念なことに、Webの文章はほとんど読まれないです。

なぜなら、本や新聞と違ってWebの文章は無料で読めるからです。

さらっと目を通して、自分が知りたいことが書かれていなかったらすぐに離脱されてしまいます。

スマートフォンなどでWeb上の記事を読むときに、どんどんスクロールしながら軽く目を通していますよね

みなさんの記事に訪れる読者も、同じように記事を読んでいるということを理解しておきましょう。

重要なのは読みやすさ・わかりやすさ

この前提をふまえて、重要なのは以下の2点です。

  • 読みやすさ
  • わかりやすさ

読みやすい文章のレイアウト

Webの文章で重要なのは読みやすい文章のレイアウトです。

Web上の記事を読む人は、普段あまり本を読まない人が多いので、視覚的に読みやすいレイアウトを意識しましょう。

本や新聞のように字がびっしり詰まっているレイアウトは、どんなにいいことが書かれていても読まれないです。

読みやすい文章のレイアウトにするために意識するポイントはこちら

ポイント

  • 改行を入れる
  • 太字やマーカーで目立たせる
  • 箇条書きでまとめる
  • 漢字とひらがなのバランス

わかりやすい文章の構成

誰が読んでも理解できるようなわかりやすい構成を意識しましょう。

基本的に流し読みをされてしまうので、目を通しているだけでスッと内容が頭に入ってくるくらいが理想です。

読んでいるときにいちいち「ここはどういうことなんだ…?」と読者を困惑させないようにしましょう。

わかりやすい文章のテンプレートはのちほど紹介します。

文章の基本は「結論→根拠→具体例」

文章を書く際には、「結論→根拠→具体例」の流れを意識することが重要です。

なぜなら、読者が知りたいのはその記事に書かれている「結論」だからです。

結論を先延ばしにされると、読者の読む気力がどんどんなくなってしまうので、先に結論を述べて負担を減らしてあげましょう。

結論といっしょに「根拠」を書くことも大切です。

これをセットにすることで一気に説得力が増していきます。

文章の基本

  • 結論(私は〇〇だと考える)
  • 根拠(なぜなら、〇〇は△△だからだ。)
  • 具体例(例えば、〜である。)
  • 再結論(以上のことから、私は〇〇だと考える。)

具体例を挙げたあとに再び結論で締めると完璧です。

読まれるかどうかは「タイトル」と「導入文」で決まる

あなたの記事が読まれるかどうかは、「タイトル」「導入文」で決まります。

※導入文とは、タイトルと最初のh2見出しの間に書く文章のことです。

読者があなたの記事を読むときに最初に見るのは「タイトル」と「導入文」です。

読者が真っ先に知りたいのはその記事で書かれている結論なので、どちらかに結論が書かれていなければページを閉じられてしまいます。

なので、「タイトル」と「導入文」に必ず結論を書くことを意識してください。

「でも、先に結論を書いたら記事は読まれないんじゃないの?」と思う方もいますよね。

ですが、安心してください。

読者は結論を読んだら根拠を知りたくなるので、その先の文章も読まれます。

むしろ、結論を知った状態で読んでいくので、理解も早くどんどん先に進んでもらえます。

ブログの書き方のコツ【7つのポイント】

電球が描かれているふせん
ブログの書き方のコツ【7つのポイント】

読みやすさ・分かりやすさを意識したブログの書き方は7つあります。

ポイント

  1. 文章構成はテンプレートに沿って書く
  2. 記事のターゲットを明確にする
  3. わかりやすい表現を使う
  4. 読みやすいレイアウトを意識する
  5. 漢字はできるだけひらく
  6. 改行は多すぎるくらいがちょうどいい
  7. 同じ言い回しは避けること

以下で1つずつ解説していきます。

1.文章構成はテンプレートに沿って書く

文章構成は、テンプレートに沿って書いていきましょう。

テンプレートとは、「結論→根拠→具体例」です。

このテンプレートを意識することで、一気に読みやすい文章になります。

2.記事のターゲットを明確にする

「どんな人に伝えたいのか」を明確にして記事を書いていきましょう。

記事の内容がブレないようにするために、ターゲットを絞ることは重要です。

マーケティング業界では、このターゲットのことを「ペルソナ」と呼んだりします。

業界用語が出てくるとむずかしく考えてしまう人もいますが、考え方はいたってシンプルです。

ペルソナ=身近な友人or過去の自分

「相手の顔が思い浮かぶか」という点が重要なので、むずかしく考えずにいきましょう。

ペルソナの設定方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
アイキャッチ
【簡単3ステップ】ブログのペルソナを設定する方法

3.わかりやすい表現を使う

記事の中では、わかりやすい表現を意識して使いましょう。

具体的には、専門用語・四字熟語・むずかしい表現ですね。

読者が読んでいてわからない表現が出てくると、いちいち調べなくてはいけないので負担になってしまいます。

これを解決するための方法は、「小学生でも理解できるか」と考えることです。

小学生に説明するときのように、目線を下げて伝えることを意識してみましょう。

4.読みやすいレイアウトを意識する

視覚的に読みやすいレイアウトを意識しましょう。

最初に述べたように、Webの文章は読まれません。

流し読みでも内容がひろえるようなレイアウトが重要です。

具体的には、

  • 重要なところは太字・マーカーで目立たせる
  • リストや箇条書きでまとめる
  • 枠でかこむ

WordPressの機能を使えば簡単に実装できるので、今日から実践してみましょう。

5.漢字はできるだけひらく

漢字はできるだけひらくようにしましょう。

※「漢字をひらく」とは、漢字をひらがなで表記する出版業界などで使われている手法です。

漢字が密集している文章は読みづらいので、読者に与える印象がよくないです。

できるだけ、漢字をひらがなで表記することで、読者の負担を軽減しましょう。

目安としては、「ひらがな:漢字=7:3」の比率です。

漢字をひらくときのルールはサイト内でなるべく統一することをおすすめします。

6.改行は多すぎるくらいがちょうどいい

改行は多めに入れていきましょう。

この記事でも、1文ごとに改行しています。

改行をいれることで、文字が密集しなくなるので、読みやすいレイアウトになります。

スマートフォンの画面は小さいので、長文になるときは文の途中でも改行してしまって問題ないです。

どのくらいがちょうどいいのか、自分の端末で確認しながら調整していきましょう。

7.同じ言い回しは避けること

同じ言い回しは避けるようにしましょう。

具体的には、語尾の重複や主語が連続してしまうなどです。

語尾が連続してしまうと、文章が単調になりテンポが悪くなってしまいます。

体言止めや「です・ます・ました・ましょう」を使い分けて、同じ言い回しが続かないようにしていきましょう。

SEOを意識したブログの書き方

 SEOという文字
SEOを意識したブログの書き方

読みやすさ・わかりやすさを意識した、読者への最適化は十分理解していただけたと思います。

こちらでは、SEOを意識したブログの書き方を紹介していきます。

SEOを意識したブログの書き方を身につけることで、検索結果の上位に表示され、ブログへのアクセスを伸ばすことができます。

読者だけでなく、検索エンジンに最適化したブログを書くために意識することは以下のとおりです。

ポイント

  1. キーワード選定をしっかり行う
  2. 競合調査を必ずする
  3. タイトル・見出し(h2)にはキーワードを入れる
  4. 最適な文字数を意識する

以下で詳しく解説していきます。

1.キーワード選定をしっかり行う

自分の記事が検索エンジンでどのようなキーワードで検索されるか考えましょう。

この記事は、「ブログ 書き方 コツ」のキーワードで検索される想定をして書いています。

どのキーワードを狙っていくか、狙っているキーワードはどのくらい検索されているのかといったことを意識してキーワードを選びましょう。

キーワード選定の具体的なやり方については、以下の記事で解説しています。

関連記事
アイキャッチ
ブログでキーワードを選定する方法【2つのツールを活用しよう】

2.競合調査を必ずする

記事のキーワードが決まったら、そのキーワードをブラウザのシークレットモードで検索してみましょう。

※シークレットモードにすることで、パーソナライズ化されていない検索結果を表示できます。

上位10記事を読んでいき、タイトル・読者ニーズ・記事の構成を分析しましょう。

これらの記事は、あなたが書こうとしている記事の競合となります。

上位表示されている記事=検索エンジンから高く評価されている

ということなので、分析をしっかり行い、自分の記事に取り入れていきましょう。

だからといって、丸パクリはNGなので、分析しつつ自分が差別化できるポイントを見つけることが重要です。

3.タイトル・見出しにはキーワードを入れる

タイトルと見出しにキーワードを入れることによって、検索エンジンに認識してもらうことができます。

タイトルは記事の中で最も重要な要素なので、必ずキーワードを含めるようにしましょう。

見出しは最低でもh2見出しにキーワードを含めることが必要です。

ですが、キーワードを意識しすぎて不自然な文章になってしまっては意味がないので、

バランスを考えて含めるようにしましょう。

4.最適な文字数を意識する

記事を書いていく際は、最適な文字数を意識しましょう。

SEOで上位表示をねらうには、最低でも2,000〜3,000文字が必要だと言われています。

かとっていって、長ければいいというわけでもなく、内容に対して適切な文字数であることが重要です。

例えば、1つのテーマについてだらだらと書いてしまっていると、最適とはいえません。

逆に、まとめ記事や商品の比較記事で少ない情報量だと、これも評価が落ちてしまいます。

その記事の内容に適切な文字数を意識していきましょう。

ブログで商品を売るためのコツ

計画を考えている様子
ブログで商品を売るためのコツ

こちらでは、ブログで商品を売るための書き方のコツを解説していきます。

ブログで商品を売るための書き方をセールスライティングといいます。

セールスライティングを身につけるために意識することは下記の2点です。

ポイント

  1. 検索意図を考える
  2. 読者に少し先の未来を想像させる

読者の検索意図を考えて、適切な商品を適切なやり方で売っていきましょう。

検索意図を考えるスタート地点は、読者が検索するキーワードです。

検索意図をおさえたら、読者に商品を購入したら手に入る、少し先の未来を想像させましょう。

こうすることで、読者が購入する一歩を踏み出すことができます。

1.検索意図を考える

セールスライティングを身につけるうえで、読者の検索意図を考えることは重要です。

なぜなら、検索意図を考えないと、読者に対してどの商品をどんな方法で売り込んだらいいのか分からなくなるからです。

検索意図を考えるスタート地点は、読者が検索をするキーワードです。

「ウォーターサーバー 料金」というキーワードから検索意図を考えてみます。

このキーワードで検索をする人は、ウォーターサーバーの料金を知りたいという方がほとんどです。

なので、ウォーターサーバーの料金を比較しつつ、自分が売りたい商品を売れ込んでいきましょう。

売りたい商品が、比較的値段の安いものであれば、「なかでも格安のウォーターサーバーはこちらです」という売り方ができますね。

値段が高い商品でも、「金額に見合った質の高い商品・サービスです」という売り方が可能です。

NGなのは、商品の性能ばかり比較したり、申し込み方法や解約の方法を書いてしまうこと

これは読者の検索意図から大きくズレてしまっているので、商品を売ることはできないです。

2.読者に少し先の未来を想像させる

検索意図をおさえたセールスライティングを身につけたら、最後に読者に少し先の未来を想像させましょう。

「この商品良さそうだから買ってみようかな」という読者に対して、最後のひと押しをするイメージです。

ここで効果的なのが、「読者に少し先の未来を想像させる」ライティングです。

その商品を購入すると読者の未来がどう変わるのかをイメージさせます。

例えば、ウォーターサーバーを売るのであれば、「家族がいつでも美味しい水を飲むことができます」「ペットボトルを購入していたときより〇〇円節約できます」といった書き方ですね。

読者に少し先の未来を想像させて、最後のひと押しを決めていきましょう。

【まとめ】ブログの書き方のコツ

ブログの書き方を上達させるためには、知識を頭に入れるだけでなく、実際に手を動かして書いてみることが大切です。

ここで紹介した内容を頭に入れて、皆さんのブログに落とし込んでみてください。

まとめ

  • 文章構成はテンプレートに沿って書く
  • 記事のターゲットを明確にする
  • わかりやすい表現を使う
  • 読みやすいレイアウトを意識する
  • 漢字はできるだけひらく
  • 改行は多すぎるくらいがちょうどいい
  • 同じ言い回しは避けること
  • キーワード選定をしっかり行う
  • 競合調査を必ずする
  • タイトル・見出し(h2)にはキーワードを入れる
  • 最適な文字数を意識する
  • 検索意図を考える
  • 読者に少し先の未来を想像させる

今日から実践できることを書いたつもりなので、この記事を読んだらすぐに手を動かしてブログを書いていきましょう

今回は以上です。


-Blog, Writing
-,

Copyright© 映活BLOG , 2020 All Rights Reserved.